老眼に自分はならないと思っている

私が20歳の頃から40歳近くになるまで、何度と無く「小さい文字が見づらいわー」「目を離さないと見えないんだよ」と言うオジサン、オバサンを見てきた。

その度に、年は取りたくないねー、自分はそうならない。なるわけないと思っていました。

それがです。最近スマホを少し目から離して見るようなことが増えてきました。はい、老眼です。毎日ではないですが、そのような目の使い方をすることが増えました。

近いとぼやけるんですよ。20歳ぐらいの子たちにはわからない、年を取るとわかることです。いつかそうなるなどと彼らは想像つかないでしょう。でもいつかなる。

仕組みとしては、目の筋肉の衰えだといいます。目はカメラのレンズシステムのようなもので、いわゆるピントを毎回合わせているらしく、そのピントを合わせるための筋肉の衰えにより、焦点が合いづらくなり、少し遠くからぼやかすように見るわけです。

あー、年は取りたくないね。改めてそう思います。

ただ、若者も気をつけなければならないそうです。スマホの使いすぎで目を必要以上に使うと、ピント調節の筋肉に問題が生じ、老眼のような状態になるのだそうです。

ハズキルーペだなんて洒落た拡大鏡が売れています。現代人は目を酷使しているのでしょう。

何事もほどほどが良い。昔の人はよく言ったものですね。